さむぶろぐ

ルービックキューブが好きな大学生が日常生活、たまにキューブについての記事を書くブログ

2017/11

もうあの記事を投稿してから一年ですか。そう、今年もNFの季節です。







「去年の記事?」という方や「NFって何?」という方はこちらの記事も読んでくださいね。



と、いうことで今年も11月祭です。実験潰れるヒャッホイ!!!





今年のテーマは…













jpg-large











…ではなく、「戦争なんかしてないでみんなでワイワイしようぜ!」みたいな感じでした。多分。


NF期間は今週の木〜日なんですが残念ながら僕は土日に行く事ができません。というわけでまだ金曜日ですが模擬店やら展示やらの紹介をしますね。まだ土日は残ってるので少しでも興味があれば行ってみてね。










まずはここ。医学部人健(ほぼ全員女子)。








jpg-large








まーーーーーた橋本環奈だっけ?のツイートに便乗しやがって…


僕はこういうあからさまなのに…



jpg-large






乗せられたりなんか…






















jpg-large


彼女と豚汁なう。








…おかしい。こんなはずではなかった。





外が寒いのがいけないんだし。別にアツアツの豚汁が飲みたくなっただけだし。男子校のアメフト部員が同じ豚汁売ってても買ってたし。



にしても今まで注目してなかったけど、このテントの天幕、京大の名前が付いてないな。jpg-large



「走れチュロス(スベる一歩手前って感じ)」の上に滋賀医科大学。






jpg-large

キャンプファイヤーの向こうに滋賀医科大学。



jpg-large





別の建物の上からも滋賀医科大学。



おかしい、京大は滋賀医科の植民地だったのか…?と疑いたくなるほどにテントが滋賀医科している。



そんな中、ようやく滋賀医科以外のテントを見つけた。良かった…










jpg-large





いやダム女かい。




 
なんてのは置いといて。

jpg-large


はい、魯肉飯。去年も食べたけど今年も同じメンバーによってさらにパワーアップしたメニューで復活したとのこと。去年僕がこれを食べていたことを覚えていないって?そんな時はこれを読むしかない!










 jpg-large




そして魔剤ゼリー。魔剤をゼラチンで固めてサイダー(もしくはアルコール)を入れて出来上がり。










いや今年もか。 








去年も魔剤カクテルとかあったから飲んだ気がするぞ。去年僕が魔剤カクテルを飲んだことを知らないって?そんなあなたはこれを読みましょうね!!! 






しかもこの魔剤ゼリー、 去年魔剤カクテルを作った学科の後輩が作っている。何の先輩リスペクトなんだ…





jpg-large


りんごが単体で売っていました。実はこれ、毎年恒例の信州大学の企画。今年初めて買ってみたけど蜜たっぷりでうまかった。寒空の下で丸かじりよ。






jpg-large



おや?なんだこのガチャガチャは。





jpg-large




「あ」から始まる何かが出てくるらしい。
















jpg-large





青汁でした。




jpg-large




うっさいわ。


jpg-large





き た な い










jpg-large


なんて気味の悪いレイアウトだ。





jpg-large



手芸部の作品。この花粘土で作ってるらしい。







しゅげえ。







っていうかこれブログとして全然まとまってなくない?ただの写真と感想じゃん。


まあとりあえずこんな感じです。みんな是非行ってみてください。


ではまた次の記事で。

先日、いつものように布団の中で横になりながらTwitterのタイムラインを見るという最高に非生産的な行為をしていると衝撃的なワードが飛び込んで来た。










「680円の商品に1180円出す男は気持ち悪い」











僕は夢でも見ているのだろうか。それとも、女性とはみんなこのように意味不明な思考を抱いているのだろうか、それともこの女性だけなのだろうか。



様々な考えが頭をグルグルと回ったが、とりあえずソースを確認しよう。





どうやらこのようにお釣りをまとめる行為に不快感を抱く女性は多いらしい。出るわ出るわ。



「830円や930円に1030円は分かるけど680円に1180円は気持ち悪い、もし店に500円が無かったらどうするつもりなのか」





これは分からないでもない…のか?確かに僕もこの間、170円の切符を買うために駅の改札機に220円を投入したらお釣りとして10円玉5枚がザラザラザラ!!!と出てきて立ちすくんだところである。




「夫がよくやるので横から小銭を抜き取って1000円だけ出させている。卑しいから離婚しようかな」





小銭を抜き取るのも端から見ていて気持ちのよい行為ではないぞ。それとそんな理由で離婚したら多分民事裁判で負けるぞ。数百円のために数百万円失ってもいいのか。




さらにその理由についても読んでみる。

『「財布の中身を増やしたくない、整理整頓したい」

 

このような自分に都合の良い勝手な感情を、赤の他人に押し付けるという行為とその性根が卑しいと感じる』




らしい。


……………



















この意見に対して僕は真っ向から反対し、跡形も残らないように叩き潰し、ペンペン草も残らない荒野にしていこうと思う。



ちなみに僕は暗算が得意なのでこの辺の行為はプロ級に近い速度でお釣りの最適解を導き出せる。


つい昨日、スーパーで278円の弁当と99円のハニーレモンジーナ(計377円)を買ってレジに持って行き、会計が出る前に合計金額を暗算し、財布の中身を見ると




500        10      5         1
100        10      5         1
100        10                 1


という感じだったので0.5秒ほどで計算して527円を出して150円のお釣りを得たところである。


コツはmod50,mod100,mod500あたりに常に目を光らせておく事である。
分からない人はwikipedia先生で「剰余演算」とでも調べよう。



財布の中を綺麗にしたいという自分勝手な感情を相手に押し付けるのが卑しいだって?


つまりあなたは


コンビニで216円の品物を買う時


500円玉だけをドヤ顔で店員に押しつけ


お釣りの284円を錬成するためにレジから100 100 50 10 10 10 1 1 1 1円玉を殊勝にほじくり出す店員の様子を見て悦に浸りながら




その大量の小銭が本当に足りているのか目を光らせながら

  




受け取ってから「もしかして50円玉が100円玉と間違えられてるかもしれない」という淡い期待を抱き





期待を打ち砕かれ





財布の小銭ゾーンを酸素欠乏状態にすることは卑しい行為ではないのに







最初500円玉だけを出そうとするも「さすがに店員がつらそう」と憐憫の情を抱いて



さらに追加で21円を出して




店員が笑顔で305円を錬成してお釣りを手渡すのを見ながら




自分も良い気持ちになって




無駄に財布も膨らませず





晴れ晴れとした気持ちで一日を過ごそうとするその行為を





少しの手間をかけて幸せを探求していこうとするその態度を





「気持ち悪い」と、「卑しい」と、






そう言いたいのか







まるで理解できない。






 

そもそも小銭の整理を店員に押し付けるってなんだ。そのレジの中の金は店の金であって店員のポケットマネーではないぞ。店員がレジの金を持ち帰って「あああもう!また今日も小銭めっちゃ増えた!めんどくさい!」なんてしないんだからな。むしろ努力して小銭を減らそうとしているのはこっちの方だ。





そもそもこの国はクレジットカードがちっとも普及していない。調べてみたが先進国の中では最低クラスの20%代。



ヨーロッパにはそもそも現金払いを禁止にしている店も珍しくはないのに。




難癖を付けられたくない彼氏諸君はカードを持とう。中でも「リボ払い」とかいうのはすごい。そこに金がなくても物が買えるらしい。まるで魔法ではないか。




以上より、お釣りを整理するのが気持ち悪いと感じる人は「自分には出来ない計算をしているのがなんとなく気持ち悪い」と思ってるだけと結論付けよう。



女性の考えてることは僕には一切理解できません。 だから僕には彼女が出来ないのか…



無心でキーボードを叩いていたら喉が渇いてきた。まだ冷蔵庫に飲みかけのハニーレモンジーナが残っているはずだ。




ではまた。 

このページのトップヘ