さむぶろぐ

ルービックキューブが好きな社会人が日常生活、たまにキューブについての記事を書くブログ

2023/12

※注意!
本記事は品性が終わりきっているので、そういうのが苦手な人は決して読まないことをおすすめします。

忠告はした。 




























佐村健人は童貞である。性行為はまだ無い。

どこで人生こうなったか到底見当も付かぬ。気付いたら、大学を卒業した後も薄暗いところで一人でシコシコとしていたと記憶している。

大学時代は比較的マシな顔もしていたので、(あ〜このまま適切な選択肢を踏めばこの子とセックスできるんだろうな〜)という状況もあった。しかし結局踏み込まなかったのである。童貞というのはそういうものなのだ。好き同士になった二人が幾度かのデートを経て、信頼度ポイントを積み重ねて初めて到達できるのがセックス。そういう幻想というか固定観念というか、踏むべき手続きがあると思っているものなのだ。
その童貞度、練り上げられている。至高の領域に近い。


さて、かねてから交野オフに行くタイミングで飛田新地に行こうと決めていたので、いざ実行に移す時。
アジア大会ブログにも少し書いたが、アラサーになったからにはいろいろやってやろうという気持ちが働き、アジア大会に参加したりM-1グランプリに出場したり飛田新地に行ったりする決断に至っているのである。それが正しいのかどうかは知らん。

さて、最寄りの阿倍野駅で降りて銭湯に入る。
銭湯にいたおっさんにニヤニヤされながら「楽しんできぃな~」と声をかけられる。もしかしてこのおっさんにも童貞ってバレてる?やだなあ。

銭湯から五分ほど歩くと突然町の雰囲気が変わり、大量の料亭が並んだ空間が露わになる。
飛田新地に到着である。

飛田新地の仕組みのようなものは様々な記事が出ているので詳しく説明はしないが、各店舗の一階の座敷が開け放たれておばちゃんと女の子が声をかけてくれる。客は店の前を歩きつつ、気に入った女の子を見つけたらお店に入り、""サービス""を受けるという流れだ。

おばちゃんは
「この子今日まだゼロだよ〜(今日はまだ他の男に挿入されていない初物だよ〜、の意)」
「あと5分でこの子帰っちゃうよ〜」
「すっごい良い子。おすすめよ〜」
など、様々なセールストークを繰り広げる。

ここで上手いのが、女の子は20分おきぐらいに交代で一人だけ座るので、もしかしたらその店には今店頭に座っている子よりも好みの子が裏で待機しているかもしれない。それによりなかなかここで決まり!とすることができない。逆に、サービスを受けた後も「もっと可愛い子がいたかもしれない」と夢見て、二度目、三度目の来店へと繋がっていくのだ。

走行ルート
↑当日歩いたルートはこんな感じ。めちゃくちゃ悩みながら歩き回ったことが分かるだろう。

私以外にも、同じような感じで店の前をうろつく男共が何十人も存在していた。上から見たら、回転寿司の売れ残りのような動きだったことだろう。

さらに都合の悪いことに、私は帰省初日のタイミングだったのでキャリーバッグを引きずりながら女の子を物色することになり、それによりおばちゃんに顔を覚えられやすくなっており「あ、さっきのお兄ちゃんやね。もうここに決めたら〜?」とピンポイントで狙い撃ちされるようになってしまった。
他のブログでも「冷やかしは厳禁!」と書かれており、このままうろつき続けて冷やかし判定を受けたらマズい。それによりさらにプレッシャーは募っていくのだった。

「どの女の子とセックスするか決めるために店頭を歩き回る」というのは「その空間では女の子を性的玩具として物色することを推奨している」ということであり、女性をそのような目で見るモードに脳内認識を切り替えることも大変だったことの一つだ。



私も、初めて行った飛田新地は何時間も歩き回りました。
誘ってくる女の子。なぜか店内に向かわない足。
しかし、あるお店に座っていたバニーガールの女の子に笑顔を向けられた瞬間、体が勝手に店内に動いたのです。
必要なのは覚悟だけだったのです。


僕妙にバニーガール好きなんだよな。なぜなのか。
自己分析の結果、「非日常感」と「主従関係」にあるのではないかと推測している。

例として、「先生」や「スチュワーデス」は自分以外に対しても「先生」「スチュワーデス」の役職が崩れることはない。
しかし、「メイド」「ペットのウサギ」等は自分という主人がいることで初めてその存在が担保されると言える。

きっも


さて、まんまとバニーガールに誘われた私は店内に入り、2階の和室(布団と小さなテーブル、荷物用のカゴぐらいしかない)に入る。
言われた通り20分16,000円コースを選択し、先にお金を払う。

さてここからは、この品性の終わり切った記事の中に一時のオアシスを提供する意味を込めて、私のセリフとバニーガールの女の子のセリフにアイコンを付けることにしましょうか。

party_bunny_girl「私準備してくるから、ここで服脱いで待っといてな〜」


一旦女の子が退出する。

言われた通り和室の中で全裸になって待機(生まれて初めて本当に全裸待機した)しつつ、(もしもセックスできるっていうのが全部嘘だったらどうしよう、怖いおっさんが入ってきて有り金全部奪われて放り出されたらどうしよう)と不安になりながら待つこと約1分。
party_bunny_girl「お待たせ〜。じゃあはじめよっか。」
party_bunny_girl「キャリーバッグ引っ張ってたけど、遠くから来たん?」
S「はい、東京から」
party_bunny_girl「遠いな〜。じゃあ今日は楽しんでな。」
party_bunny_girl「体位はどうする?お兄さんが主に動く正常位か、私が動く騎乗位か。」
S「あの、実はこれが初めてなんです。」
party_bunny_girl「え、新地来るのが?」
S「いや、童貞なんです。」
party_bunny_girl「分かった。じゃあ今日は騎乗位にするな。布団に仰向けで寝っ転がって〜。」

ここで女の子が服を脱ぎ、ウサ耳も外してしまう。そんなあ。
あ、乳首にニプレス貼ってる。これがニプレス・オブリージュ(女性は高尚な存在なので、簡単に乳首を晒してはいけないという責任が存在する概念のこと)か…

8年間スピードキューブをやってもNR(National Record)が取れなかった童貞野郎では女の子のNR(乳輪)を拝謁することなど夢のまた夢であったか…

最初はゴムフェラから始まる。チ●ポにゴムを被せ、勃起するまでゴム越しでフェラをされる。

口の中に入った時の温かい感覚。ここが一番気持ちよかった可能性さえある(ネタバレ)。
膣は陰茎を挿入するために存在している器官であるが口はそうではないので、より背徳感が高まった結果ではないかと推測する(こんなキモい推測をするな)。

勃起したら次は手コキに移る。

party_bunny_girl「じゃあまずはこのまま手でやるんで、イキそう!ってなったら言ってな〜」
party_bunny_girl「その時に挿れるな〜」


ほほ〜ん、出来るだけ手で済ませて、マ⚫︎コに挿れる時間を減らそうと目論んでいるわけか。こちらが最初に童貞宣言したからって、足下を見やがって。

昔誰かが言っていた、「家が貧乏だったので、家族で回転寿司行く時はいつも直前に父親に食パンを食わされていた」というエピソードを思い出す。そいつの父親と同じ作戦をカマそうとしてくるではないか。
こちとらやろうと思えば一分ぐらいで射精可能な早漏のフリーレン。バカにしないでいただきたい。三擦り半どころか一擦りの動きだけで射精して、FMC(Fewest Moves Cumshot)の日本記録を更新してやろうじゃあないか。

S    「あ、もうイキそうかも。」


正直もうしばらく耐えられそうな感覚はあったが、マ⚫︎コを出来るだけ長く味わうためにすぐにそう言った。
大盛り無料の店で必ず大盛りにする貧乏人根性極まれりである。


party_bunny_girl「本当?じゃあいくな~」

女の子がまたがってくる。


ほんのりあったかい。


下半身部分にオナホではあまり感じられない温もりと確かな重量感を抱きつつ、女の子がピストン運動を開始する。私の脳内の古舘伊知郎が「おお〜っと、これはまさに女性版クイックマッスル!!!」とか叫んでいるが無視を決め込む。


必ず射精させたい嬢VS必ず射精したい男。

これほどまでに互いに目的が一致したポコ♂勃ての企画が存在したであろうか。
あの番組はヤラセで終わってしまったが、私はヤラせてもらっているのだからそう簡単に終わるわけにはいけない。


さて話は大きく変わるが、この終わり切った記事をここまで読んでくれた紳士淑女の皆様なら分かると思うのだが、エロ同人誌の3Pものにこんなシーンがある。

「Aちゃんのマ●コは入口の締め付けが凄い…っ!!」
「Bさんのマ●コはフワフワで、全体を包み込んでくれる…!」

以上のようなマ●コレビューシーンを一度は目にしたことがあるだろう。

私はこれの双子もので「姿形が全く同じなのに、膣の形だけそんなに違うなんてことがあるのか???」と常々思っているが今回の話とは関係ないので割愛させていただく。

さて、ここに出てくる『フワフワなマ●コ』であるが、例えば自分のチ●ポをフワフワなぬいぐるみで包み込んだ上でシコることをイメージしてみよう。射精できるイメージが付くだろうか?


手コキで射精することはできると思う?
そうだね。いつも自分の右手で射精しているもんね。

じゃあ、ぬいぐるみで包んでの射精は?

今、できないって思ったでしょう。
射精はイメージの世界。
イメージできないものでは射精できないんだ。


party_bunny_girl「どう?イケそう?一回手に戻る?」

S「…………………………」


S「…………………………」





S「…………………………一回…………………………手でお願いします…………………………。」











party_bunny_girl「今かなり強い力でしごいてるねん。」
party_bunny_girl「多分、これより締め付けの強い女の子って一人もおらへんねんな。」
party_bunny_girl「童貞の人に結構多いんやけど、普段からかなり強い力でオナニーしてると、本番の時に中ですぐにイくことができへん場合が多いねん。」

まさか、早漏だと思っていた自分が『珍宝賢 遅漏のケント』だったことに愕然としながら、手コキを受け続ける。

party_bunny_girl「だから、絶対中でイキたい場合はかなりギリギリまで粘った上で挿入に移った方がええよ。」
party_bunny_girl「もしくは、中でイけずに時間切れにならないようにこのまま手でイくっていうのもアリだと思うよ。」

今となっては分かる。膣よりも手の方が快感を得られるのであればそのまま手コキでフィニッシュした方が私のためなのである。別にこの子は挿入を嫌がっているとかではなく純粋な親切心から言ってくれているのだろう。(たぶん同じような飛田童貞ニキに多数遭遇しているのであろう。)

しかしどうしても膣の感触を味わいながら射精することに拘った私は、先ほど挿入に切り替えてもらったタイミングよりほんの少しだけ射精感が高まったタイミングで、同じ要求をするのであった。


S    「あ、今度こそイケそうだからもう一回お願いします。」

おかわり無料の店で必ずおかわりする貧乏人根性極まれりである。

しかしこの勝負は既に、
必ず射精させたい嬢VS必ず射精したい男 から
必ず射精させてあげたい嬢VS必ず挿入した上で射精したい男 へと変貌を遂げているのである。
5分前の、互いに協力して私の射精というゴールを目指す段階からはパワーバランスが崩れているのである。

高級ビュッフェでさほどおいしいと感じていないくせにフォアグラを貪り食うがよろしく、膣内での射精に拘る世界一惨めな男の姿がそこにはあった(ゴムは付いています)。

20分コースで射精するなんか時間余裕だろwwと思っていたのも束の間、生まれて初めてのタイムリミット付きの射精サバイバルに追い込まれてしまった。「あと●分以内に射精しないといけない」と焦ったのは生まれて初めてのことだった。

紳士諸君にしか分からない話で申し訳ないが、あえて射精させにいく時に肛門括約筋を締め上げる感覚が分かるだろうか。あれを使うことでなんとか時間内に射精まで到達させることができた。

その後はティッシュで軽く拭いてもらい、服を着たらサービスタイムの終了である。

party_bunny_girl「それじゃあ、飴持って帰ってな~」

さて、飛田新地等の営業形態を「ちょんの間」と呼ぶ。
「ちょんの間」で検索すれば出てくるのだが、風俗での本番行為は本来違法なので、『料亭で食事をする予定だったが、食事を運んでくれた女の子が客に一目惚れしてしまい、自由恋愛として交際0分でセックスすることになった』という建前の元で風営法の網をくぐり抜けているのである。

さらに食品衛生なんたらの法律上、包装の付いたお菓子を提供する場合は飲食店うんたらの届け出が必要無い。

つまりこのロリポップは、
①あくまでも飲食店として飲食品を提供したんですよ、という建前
②飲食店ではあるが、包装が付いているので誰でも提供することができる
③他の店の前を歩くときに持っておくことで「一度店でセックスしたんですよ、冷やかしではないんですよ」とアピールすることができる
という複数の意図が込められているのである。

将棋の藤井聡太八冠は、終盤に「攻め駒になり、玉の逃げ道を作り、角道も通す」といったような複数の意図が込められた手をよく指すことがある。相手は「攻め駒をさばきつつ、玉の逃げ場を潰す」ような手を指さないといけないが、基本的にそんな手は無いので敗北する。王座戦村田六段戦の6四銀はその代表のような手である。
「なぜ藤井八冠ばかりそんな手を指せるのか?」というと、「そういう状態に持ち込めるようにめっちゃ読んでいるから」としか言えない。


そんな藤井八冠もビックリな意図を持ったロリポップを手に持ちながら、夢の料亭街を後にする。
二回目に必要な財力も精力も残っていないからだ。



次に新地に行くときは一週間ぐらい前からオナ禁をしてから向かおうという決意。
次に新地に行くときは正常位を行えるように体位の練習や筋トレをしておこうという決意。

私はただのロリポップの袋に藤井八冠以上の意味を込めて、臥薪嘗飴しながら今後の人生を過ごしていくのである。
kk10Uj_e.jpg-large


あ、そういえばバニーのお姉さんの名前聞いてないや。

※本記事は後編です。前編はこちら


S1+                                              
S1+                          
SらR' U2' R U R' U R U R U2' R' U2' R U' R'    
未RR U R' U2 R U2 R' U' R' U' R U' R' U2 R (上の逆手順)

S1-
   S1-
 R' U' R U2' R' U2' R U R U R' U R U2' R'
S      S1は普通のSuneとAntisuneのやつの手順だと思うんだけど、判断基準にポイントがあるのよね。
未   S4との見分けですね。
S      そう、S1には、ペアの長い方を構成する色で偽headlightが存在するという。
S1+判断S1-判断
S1二つ。それぞれ、囲まれた部分に偽headlight(3のHcaseみたいな)があるのが分かるだろうか。

S4+判断S4-判断
S4にはそれが無い。

未   Sで偽ペアが無かった瞬間にS1かS4って見分けられて、あとはその違いが出るとこだけ見れば良いってことですよね。
S      開始位置は、唯一両方のペアに影響を及ぼさない部分から回すって覚えてる。
未   そうですね。
ら  同じだ。

S2+                                         
S2+
R2 U2' R2' U2' R2 U' R' U2 R' U' R' U2' R2 U R2' U R

 S2-
S2-
R2' U2 R2 U2 R2' U R U2' R U R U2 R2' U' R2 U' R'
S      S2はみんな同じですかね。
R  同じですね。
ら  これは昔から変わってないですね。
S      F1みたいな始まりで、突然エッジ反転F2Lが出てきて「お前どこから来た??」ってなる。
S      Sの判断する時、だいたいS2の位置に持ってきて判断してる。
未   僕もこの位置で判断してます。
S      K1の回し始めが、偽ペアをこの配置にするのよね。
未   うわ~、分かる。

S2+判断S2-判断
一応判断基準。ペアの間が広い側に偽ペアが一個ある。

S3+                                         
S3+
S未RR2 U2' R2' U' R2 U2' R' U2 R' F' R U R' U' R' F R2 U2' R'
ら(y') R' U' R2 U' R2' U2 R U R U2' R U R2' U2 R2 U2 R2' (S2+の逆手順)
R2 U2' R2' U' R F' R U R2' U' R' F R3 U2' R2'

S3-
S3-
(y) R U R2' U R2 U2' R' U' R' U2 R' U' R2 U2' R2' U2' R2(S2-の逆手順)
S      S3+はF1-とN1+のキャンセルを使ってる。
S      JamesにはR3使うやつ載ってる。
未   ええ、なんじゃこりゃ?
ら  僕は普通にS2+の逆手順ですね。
S      え、普通にペア出して?
ら  エッジが反転したF2Lペア作って。
ら  後ろのスロットインは別に苦じゃないので。
未   なるほどお…
ら  元々この手順を使ってたから慣れてたってのもあるだろうけど。

S3+判断S3-判断

一応判断基準。ペアの間が狭い側に偽ペアが挟まってる。

S4+                                        
S4+
S未R2 U2' R2' U' R2 U2' R2' U R2 U2 R2' U R2 U2 R2'
Rら R2' U2' R2 U' R2' U2' R2 U R2' U2 R2 U R2' U2 R2
(F1- U F1+)
R' U' R U2' R2' U2' R2 U' R2' U2' R2 U R' U R

 S4-
S4-
S未らR2 U2 R2' U R2 U2 R2' U' R2 U2' R2' U R2 U2 R2' 
RR2' U2 R2 U R2' U2 R2 U' R2' U2' R2 U' R2' U2' R2
(F1+ U' F1-)

S      S4。手順は嬉しいね。(判断が…)
未   これ、F1 セットアップ F1っていうのは覚えてるんですけど。
未   セットアップがUだっけ?U'だっけ?って一瞬止まってしまう。
ら  あ~なるほど。
未   実質2Lookみたいになってしまっているので。
未   これ、しっかりセットアップまで覚えてますか?
S      まあさすがに。
ら  C4(後述)が、それまでのF1で回していた方向と同じ方向にUかU'を回して、S4はその逆って覚えてます。
未   そういう覚え方か、なるほど。
ら  僕これS4-は上だな。
S      どっちでも良いとはいえ変だな。
ら  なんでこうなったんだっけ。
R  まあ、なんでもお好きにどうぞって感じで。
S5+                                         
S5+
未RR' U2' R U' F U' R' U R U F' R' U2 R
S(y) R U R U2 R2' U R U' R U2' R' U2' R' U2' R U2' R'
らR' U2' R L U2' R' U R U2 L' U' R' U2 R

S      S5+。問題児。かわいい。
未   これ、上のやつは結局どうなんですか?
S      上のやつの逆手順はC5+で使うべきだと思うけどS5+は真ん中のやつで良くない?
未   その理由ってやっぱり…
S      そう、U2'が4連続で出てくるから。(赤色部分)
未   上でいいや。もう怒涛の払いU2'から解放されたい。
ら   僕R Lのやつだ。
ら   なんか昔主流だったんですよね。

S5-
S5-
S未らR U2 R' U bR' U R U' R' U' bR R U2' R' 
R(y')R' U' R' U2' R2 U' R' U R' U2 R U2 R U2 R' U2 R
ら   これは上の手順めちゃくちゃ速いです。
未   僕これさすがに乗り換えます。
R   正直U2連打はあんまり良いと思ってない。
S      U2'の連打は気持ち良いけどね。
ら   bR' を左中指で後ろから下げて、bRを右人差し指で下から持ち上げる感じでやると速い。


S5+判断S5-判断
一応判断基準。ペアの間が狭い側にも広い側にも偽ペアがある。

S6+                                        
S6+
R U R U R' U R U R' U2' R U' R2' U2' R U R'

S6-
S6-
RR' U' R' U' R U' R' U' R U2 R' U R2 U2 R' U' R
S未ら(y2) R U R2' F' R U2' R U2 R' F R U' R2' U' R U' R' U2 R
S      S6+はみんなこれよね、上 上 下 上のやつ(回してみたらみんなも分かります)。
 ら   これこれ。
未   これですね。
S      S6-はらいひーに教えてもらったやつに乗り換えた。
S      J1+の逆手順みたいなスタートからなんやかんやでbacksuneやるやつね。
S      この手順だと、C6+の位置と同様の位置から回せる。
R   自分だけC6+の前後逆だ。
R   別に回しにくくはない。
S6+判断S6-判断

一応判断基準。ペアの間が広い側に偽Jブロックがある。
C1+                                         
C1+
S未RR U2 R' U' R U2' R' U R U R2' U' R U' R U R2' U R
ら(y') R U R' U2' R' U2' R U' R U R2' U2 R U2' R U2' R'

C1-
C1-
R' U2' R U R' U2 R U' R' U' R2 U R' U R' U' R2 U' R'
S      来た来た、C1。
S      闇堕ちD。
R   闇堕ちじゃねーよ!!
S      うるせえ!!!

※元々メガPLLにおいて「闇堕ち」というワードはらみがX4-permに対してだけ使うワードだったが、Sumと未yau知は「偽ペア、ブロックを元のペア、ブロックと入れ替えたパターン」という拡張した使い方をしている。これを使う度にらみは「闇堕ちじゃねーよ!」とツッコむというくだりがある。
これ以上説明しても本当にキリが無いのでここで終わる。

S      手順はみんなこれよね?
S      T型の3手F2L作って、一旦切り離してまた戻るやつ。
ら   C1+違うやつですね。
R   俺たちの手順だと、ペアを切り離す回し始めで統一できますね。
C1+判断
C1は偽ブロックと偽バーがある。

C2+                                       
C2+
らR' U' R U' R U2 R2' U' R2 U' R2' U2' R U R' U2 R
S未R(y2) R' U2' R U' R' U2 R2 U R2' U R2 U2' R' U R' U R

C2-
C2-
R U R' U R' U2' R2 U R2' U R2 U2 R' U' R U2' R'
(y2') R U2 R' U R U2' R2' U' R2 U' R2' U2 R U' R U' R'

S      C2+は最近上のやつから下のやつに変えた。
未   「屋根を上にする」、って統一できるんですよね。
S      元の手順だと「ペアを切り離す」って統一できたんだけど、屋根上の方が良いなと思った。
R   え、下のやつ良いな?変えます。
ら   未yau知は、背面のペアを切り離してスタートする手順を避けている気がする。
未   それあります。D-をあれにしたのもそういう動機だったと思います。
S      僕は背面に嫌な感情無いな。これは大きな判断基準である屋根を上に統一できるのが動機だし。
ら   前後対称にすると判断基準が大きくズレがちですからね。
C2-判断
C2は「偽屋根」とでも呼べばよいだろうか。
 
C3+                                        
C3+
RR2' U2 R2 U R2' U' R2 U2' R2' U' R2 U2 R2' U2' R2
未(変更済み) R2' U2 R2 U R2' U' R2 U2' R2' U R2' U2' R2 U2 R2'
未R2 U2 R2' U R2 U' R2' U2' R2 U R2' U2' R2 U2 R2'
SR2 U2 R2' U R2 U' R2' U2' R2' U' R2 U2 R2' U2' R2
ら(y) R2' U2 R2 U2' R2' U R2 U2 R2' U R2 U' R2' U2' R2

C3-
C3-
S未R2 U2' R2' U' R2 U R2' U2 R2 U R2' U2' R2 U2 R2'
RR2' U2' R2 U' R2' U R2 U2 R2' U R2 U2'  R2' U2 R2 
(y') R2' U2' R2 U2 R2' U' R2 U2' R2' U' R2 U R2' U2 R2
ら(y') R2 U2' R2' U2 R2 U' R2' U2' R2 U' R2' U R2 U2 R2' 

S      C3は、意味は同じだけどいろんなやり方があるんだよな。
未   途中の部分で前後ミラーになってるからどっちやっても良いし。
S      僕の手順は、偽箱じゃないコーナーパーツを必ず左上部分に持って行ってスタートできる。
S      さらにどっちの手順もR2から始められるように手順を少し改造した。
未   それ良いですね。C3+変えます。
S      あとC3はCの中で唯一bunnyらしい。
S      まっしゅはキモいからCは3だけ覚えてるし、Bは2だけ覚えてる。
未   bunnyだけ覚えてるからキモいんじゃなくて、キモいからbunnyだけ覚えてるんだ…
C3-

C3は「偽箱」とでも呼べばよいだろうか。非常にC6と見間違えやすい。

C4+                                        
C4+
RらR2' U2' R2 U' R2' U2' R2 U' R2' U2 R2 U R2' U2 R2
S未R2 U2' R2' U' R2 U2' R2' U' R2 U2 R2' U R2 U2 R2' 
(F1- U' F1+)
C4-
C4-
RらR2' U2 R2 U R2' U2 R2 U R2' U2' R2 U' R2' U2' R2
S未R2 U2 R2' U R2 U2 R2' U R2 U2' R2' U' R2 U2' R2'
(F1+ U' F1-)
S      出た出た。F1を二回のやつ。
S      偽headlightが通っている部分を疑似的なバーと見立てると、C4+はF1+と似た見た目になるからその逆のF1-を回す。
R   え、そんな考えてるんですか?
未   言語化したらそうなるというだけで、たぶんそんなに時間はかからない。
C4-判断
C4は偽ペア等は無く、偽headlightがある。

C5+                                      
C5+
未RR' U2' R F U' R' U' R U F' U R' U2 R 
(y) R U R' U2 R U2 R' U2' R U2 R' U' R U R' U R U2 R'
Sら(y) R U2 R' U2 R U2 R U2 R' U R' U' R2 U2' R' U' R'

C5-
C5-
S未R U2 R' bR' U R U R' U' bR U' R U2' R'
R(y') R' U' R U2' R' U2' R U2 R' U2' R U R' U' R U' R' U2' R
ら(y) R' U2' R U2' R' U2' R' U2' R U' R U R2' U R U R
ら   C5+はU2連打のやつ使ってますね。
S      S5+の逆手順ね。
ら   S5-はbRのやつ使ってるのにC5-はこの長いの使ってるんだよな。
ら   昔覚えたのから変えてないだけなんだけど。
R   C5+真ん中だったけど上に変えます。
未   どっちも上に変えます。
未   tpsが出ないのでとにかく短い手順にしたくて。
C5+判断
C5には偽ペアが二つある。
C6+                                         
C6+
R U' R' U2 R2 U R' U2 R U' R' U' R U' R' U' R'

C6-
C6-
未RらR' U R U2' R2' U' R U2' R' U R U R' U R U R
S(y') R' U2' R U R' U R2 U R' F' R U2' R' U2 R' F R2 U' R'

S      C6は基本的にあれだよなあ、3手のI型F2Lを守るやつ。
S      たぶん僕だけC6-違うんだよなあ。
未   もしかしてS6-の…
S      そう、逆手順。
S      backAntisuneからJ1+の下半身みたいな手順だから遅くないんだよ…。
C6+判断
C6には偽Jブロックがある。

G1+                                        
G1+
R' U2 R2 U2' R' U2 R' U R U2 R' U R2 U2 R2' U2' R

G1-
G1-
R U2' R2' U2 R U2' R U' R' U2' R U' R2' U2' R2 U2 R'

S      G1はこれしか無いよなあ。
S      唯一のペアをR面に持って行って、スロットの首を切断して元に戻ってくる感じの。
未   とりあえずペアを右に持っていけば、偽ペアの位置でG2と区別できる。
未   ペアにくっ付いてるコーナーが偽ペアを構成していたらG1なので。
未   あとはペアと逆方向に回し始めれば良いって感じで。
S      G1を偽ペアで判断したこと無いなあ。
R   勘で分かる。
S      そうそう、G2は明らかに""偽""って感じするもん。
S      G1はまだ平和な地域が残ってるけどG2は完全に魔物に犯されきった町。
ら   そもそもG2はbunnyだし。
未   あ、そうなんだ。
S      だからまっしゅは、Gは2だけ覚えてるし、Xは1と2と7だけ覚えてる。
未   bunnyが出てくる度に引き合いに出されるまっしゅさんが可哀そうになってきた。
G2+
G2+
R U' R2' U' F U F' R2 U2' R' U R U2 R' F U' F'
(y') R U2' R' U' R U2' R2' U2 L U' R U L' R' U2' R
(y) R' U2 R L U' R' U L' U2' R2 U2 R' U R U2 R'
S未R(y') R U R' U' R U2' R' U2' R2 U2' R' U' R U2' R' U R' U2' R U R' 
ら(y2) F R U R' F U R2' U' R F' R' U R2' U2' R' F'
G2-
G2-
F U2' R' U' R F' R' U' R F U' R' U2' R U2 F'

S      G2+は、僕らの手順はどこの手順表にも載ってないはず?
S      らみが発明した手順パクった。
S      U2'が5回も出てくるとっても素晴らしい手順。
未   怒涛の払いU2'やってます…。
ら   僕のG2+はほぼX2と同じだけど、X2の7手目のR'をR2'にして、その後Rを加えている。(赤い部分だけX2と違う)
未   G2-はすごく苦手です。
R   回しやすいんだよ、回しやすいんだけど、手順として嫌い。
S      『速くてNRも高いけど人として嫌い』みたいな?
R   なんかすごい失言させようとしてる??
S      僕はペア切り離した後、「3手回してF面、3手回してF面(赤い部分)」って意識すると一気に間違えなくなったよ。

I1+                                            
I1+
S未RR2' U2 R2 U R2' F2 U' R2 U R2' U F2' U R2
らR U2 R' U R' U' R U F' R U R' U' R' F U R2 U R'

I2+
I2+
S未RR2' U' F2 U' R2 U' R2' U F2' R2 U' R2' U2' R2
らR U' R2' U' F' R U R U' R' F U' R' U R U' R U2' R'

I1-
I1-
RR2 U2' R2' U' R2 bR2' U R2' U' R2 U' bR2 U' R2'
S未ら(y2') bR' R2' U2' R2 U R2' U R2 bR R U R' U R U2' R'

I2-
I2-
RR2 U bR2' U R2' U R2 U' bR2 R2' U R2 U2 R2'
S未ら(y2) R U2 R' U' R U' R' bR' R2' U' R2 U' R2' U2 R2 bR
S      I1+とI2+、I1-とI2-が逆手順。
S      僕の使ってる手順だと、I1-以外の三つがペア手前からスタートできる。
ら   I1+とI2+、なんだこれ。F2なんか出てくるの?
ら   僕はもっと普通の、Jみたいなやつを使ってる。
ら   I2+が、なんかJ3だかに似てる感じ。
未   え、これ乗り換えようかなあ。
ら   さすがにF2が流れぶった切りすぎてるので乗り換えた方が良くない?
S      12-はさすがに下に変えた。bR2はキツすぎる。
R   上のままで良いかなあ…
I1+判断
I1はペア、偽ペア、偽ペアが散らばってる。
I2+判断
I2は二つの偽ペアがくっ付いてる。
I3+                                          
I3+
R' U2 R2 U2 R' U2' R' U2' R U2 R U R' U2' R U' R'
(y') R2 U R2' U R2 U2' R2' U2 y' R2' U' R2 U2' R2' U2' R2
  
I3-
I3-
R U2' R2' U2' R U2 R U2 R' U2' R' U' R U2 R' U R
(y) R2' U' R2 U' R2' U2 R2 U2' y R2 U R2' U2 R2 U2 R2'
S      I3は闇堕ちT4みたいなやつ。
S      U2系が五連続でくるからめっちゃ気持ち良いんだよなあ。(赤い部分)
ら   3+がU2 U2 U2' U2'で、3-がU2' U2' U2 U2か。
S      単独の偽ペアを反対側のスロットにぶち込むように回し始める感覚。
ら   I3はI6とかに比べて一見何も無いように見えるので、逆に一目何も無かったらI3を回すようにしてる感じです。
 I3+判断
I3は二つの偽ペアの配置がT4みたく、平行(ではない)の位置にある。
I4+                                         
I4+
R' U' R' U2' F' R U R U' R' F R' U2 R U R
(y') R U2' R' U' R U' R U2 R' U' R U' R2' U R U2' R'
 
 I5+
I5+
R' U' R' U2' R F' R U R' U' R' F U2 R U R
R U2 R' U' R2 U R' U R U2' R' U R' U R U2 R'
 
ら   I4+とI5+が逆手順。
S      同じセットアップとセットアップ戻しなのよね。
S      で、これ間違えない方法を思い付いちゃいまして。
S      4+は偽バーがF面にあるからF'で、5+はR面にあるからR。
R   自分は最初の4手セットアップ回した後のFUエッジとDFRコーナーの色で見てます。
R   色が同じならRで、違うならF'。
R   とりあえず回し始めてからその時に判断してます。
I4-                                           
I4-
R' U2 R U R' U R' U2' R U R' U R2 U' R' U2 R

I5-
I5-
R' U2' R U R2' U' R U' R' U2 R U' R U' R' U2' R
S      I4-とI5-も逆手順。
ら   この手順まあまあ難しめではある。
ら   全PLLの中で一番嫌いかもしれない。
S      全然RUgenなのに。
未   4-結構好きなんですけどね。回しやすくないですか?
S      この手順、あんまりグレーの色が消えないようにノリで回してるところある。
R   とりあえず偽バーをR面に持ってきて、ペアをBRスロットに逆向きにブチ込むイメージ。
S      うわ〜、その3手分かる!!ww
S      G1とかにもある動きよね、ペアを逆向きに叩き込むの。

I4+判断
I4はペア、偽ペア、偽バーが家みたいな形になってる。
I5-判断
I5はペア、偽ペア、偽バーがキメラになってる。

I6+                                          
I6+
(x') R2 U2' R2' F' R2 U2 R2' F2 R2 U2' R2' F' R2 U2 R2'
(y2') F R U2 R' U' R U' R' F' U R' U' R U2' R' U R U R' U R

I6-
I6-
R2' F2 R2 U' R2' F2' R2 U2 R2' F2 R2 U' R2' F2' R2
(y2') R2' F2 R2 U R2' F2' R2 U2' R2' F2 R2 U R2' F2' R2
bR' R' U2' R U R' U R bR U' R U R' U2 R U' R' U' R U' R'
S      手順はみんな同じかな?前後編に分かれてるやつ。
ら   これじゃないですかね。F2'とか持ち替えとか論外という感じ。
S      Leandroが逆手順だった気がする。
未   逆手順も良さそうなんですけど、前半のOLL部分を間違えちゃいそう。
S      めっちゃ分かる。「U♪ U2♪」ってノリでやってるもん。(赤字部分)
ら   それぞれ、後半のOLLの回し始めとなる面にあるエッジが動かない。
(I6+はbR面、I6-はF面)
ら   だからAUFはそのタイミングで判断できます。
 I6-判断
I6は偽バーが二つある。
K2+
K2+

Rら(y) R' U2 R U' R' U2 R U2' R' U' R U2' R' U R U2' R' U R
S未R U R' U2' R U R' U2' R U' R' U2' R U2 R' U' R U2 R'
 
K2-
K2-

(y) R U2' R' U R U2' R' U2 R U R' U2 R U' R' U2 R U' R'
(y2) R' U' R U2 R' U' R U2 R' U R U2 R' U2' R U R' U2' R
R2 U2' R2' U' R2 U2' R' U R' U' R' F R2 U' R' U' R U R' F'

KL判断
K2とLは、二つのヘッドライトを右と左上にセットして、上図の部分のどこに偽ペアがあるのか、で判断することができるぞ!右上らへんの偽ペアは見る必要が無いぞ!

K2+判断K2-判断

K2+はR面とL面に偽ペアが、K2-はF面とBL面に偽ペアがあるぞ!
これでもうエッジを合わせなくてもK2が回せるね!

S      ある理由からK2をここに置かざるを得ない理由があった。
S      そう、PLL全覚えマンはいちいちエッジ合わせをしないのでK2とLの判断をしっかりしておかないと地獄を見る。
S      K2はみんなどっちも下の手順かな?
ら   K2+は上ですね。
R   俺も上。
S      え〜、そうなんだ?
ら   めっちゃ速いですよ。
S      下の手順も速いでござるが…。
S      でも下の手順だとheadlightの位置関係がそのまま開始位置になってる。
未   この形が出たらとりあえず二つのheadlightをここに持って来て判断してるので、そのままの位置から回せるのは大きいです。
S      AUFは動かないのが嬉しい。CPLLだし。
ら   K2-はF1-とT1のキャンセル。僕のNR Singleのやつだ。
ら   それにしてもKpermをこんな終盤に残すって、PLL1Lookさせる前提で話が進んでいるというか。
未   ここまでみんな読み進めているのだろうか。
S      まあ、「人類総151個計画」のためなので。
未   知らぬ間にとんでもない計画の片棒を担がされていた…

L1
L1
らR' U2 R U R' U R U' R' U2 R U' R U R' U R U2' R'
S未R(y) R U2 R' U' R U' R' U R' U2' R U R' U' R U' R' U2' R (上の逆手順)

ら   さっきの話だと、headlightの位置そのままで回せる上の手順の方が良いのでは?
S      いや、本当にそうなのよ。
未   何一つ反論できない。
S      最初のAntisuneが気持ち良いので。(※上の手順だって最後にSuneがあります)
ら   少なくとも上の手順に不満は一切無いです。

L1は唯一、偽ペアが一つも無い。(画像略)

L2
L2

R(y2) R' U2' R U' R' U R U R' U R2 U R' U R U R' U' R U2' R'
未Sら R U2 R' U R U' R' U' R U' R2' U' R U' R' U' R U R' U2 R (上の逆手順)
S      L2も上下が逆手順。
ら   これもさっきの理論だと下になる?
S      下の手順めっちゃ回しやすいやん。これに変えよ。
未   下の方が回しやすく感じてきました…
S      僕なんで上覚えたんだろう?
L2判断
L2はF面とL面に離れて偽ペアがある。
 
L3+
L3+

(y) F U2' F' U2' R F R' U' R F' U2' R' U' R U2' R'
(y2') R' U' R U R U2' R' U' R' U' R2 U' R' U R' U' R U R' U2 R 
 (R2 U2' R2' U' R2 U2' R2') U (R2 U2' R2' U' R2 U R2' U' R2 U2' R2')
(F1- U T3-)

L3-
L3-

R(y') R U R' U' R' U2 R U R U R2' U R U' R U R' U' R U2' R'
(y2) R' U2 R U2 F' R' y' R U R' bR U2 R U R' U2 R
S未ら(y') (R2 U2' R2' U' R2 U R2' U' R2 U2' R2') U (R2 U2' R2' U' R2 U2' R2') 
(T3- U F1-)

L3+判断L3-判断

 L3は偽ブロックと偽ペアがある。
未   最近何かと話題の。
S      L3+なんてこの位置から回せるようになった上にめっちゃ回しやすいという。
S      F U2' F' U2' とかいうカス手順よさらば。
R   さすがに乗り換えます。
S      L3-の、手前から出して後ろから追い越すみたいな手順(上の手順)があって。
S      L3+もその鏡手順(真ん中の手順)でRUgenに変更したところだったのに。
S      だからL3+は二回変更してる。
ら   L3-も下に変えますか~。

L4+                            
L4+

(y) R U R U R' U R' U R U' R U2' R' U2' R' U' R U2 R'
(y2') R' U2 R U' R' U2' R' U2' R U' R U R' U R' U R U R

L4-
L4-

S未ら(y') R U2' R' U R U2 R U2 R' U R' U' R U' R U' R' U' R'
R(y) R' U' R' U' R U' R U' R' U R' U2 R U2 R U R' U2' R

S      L4+は上 上 下 下なんですよ。S6+は上 上 下 上。
未   分かる~~。
R   そういう風に気にしたこと無いな。
未   L4+はUして手前の偽ペアを切断するスタート、L4-はU'して左側の偽ペアをFRスロットに叩き込むスタート。
未   と、いう感じにこじつけで覚えてます。
S      こじつけだろうと自分が間違えなければ問題ないからなあ。
R   自分はL4-が下です。
R   これL4+のミラーだから、これで良いじゃん?
未   下の手順を使えば、どっちも偽ペアを切断するスタートで統一できるんだ。
ら  でもL4-の下は回しにくかった気がする。
S      本当だ、嫌だなこれ。
未   R'が二連続で来るのが回しづらくて嫌ですね。

L4+判断L4-判断

 L4は偽ペアが三つある。

L5+                                        
L5+

(y') R' U2' R U R' U R2 U2' R' U' R U R' U2' R U' R'

L6+
L6+

(y2') R U R' U2 R U' R' U R U2 R2' U' R U' R' U2 R

L5-    
L5-


(y2') R U2 R' U' R U' R2' U2 R U R' U' R U2 R' U R

L6-
L6-

(y') R' U' R U2' R' U R U' R' U2' R2 U R' U R U2' R'
S      5+と6+、5-と6-が逆手順。
ら  L5がAntisuneから始まるやつか。
S      で、L5は偽ペアを反対側から切断するように開始するイメージ。
S      だから5+はU'してR'からのbackAntisune、5-はU2'してAntisune。
R   うんうんうん。
ら  そしてこのL5が、K2とかなり紛らわしいのでK2の新しい判断基準を覚えないといけない。
S      一瞬L5かな?って思って、「違う、反対側にもあるからK2だ!」ってなるのよね。
S      L5はAntisune回し終わった後、「そっち側から回り込むんかい!」ってなる。
未   ああ、分かります。
S      L6は偽ペアをR面に立てかけるような位置から回し始めて、後半にSuneがある、と。

L5+判断L5-判断
L5は偽ペアが一つだけある。慣れていないとK2と間違えやすい。
L6+判断L6-判断

L6はF面とL面にくっついて偽ペアがある。

K1+
K1+
RらR2' U2 R2 U R2' U' R2 U R2' U' R2 U R2' U2 R2
S未R2 U2 R2' U R2 U' R2' U R2 U' R2' U R2 U2 R2'

K1-
K1-
R2 U2' R2' U' R2 U R2' U' R2 U R2' U' R2 U2' R2'
S      K1も判断基準を変える羽目になった。
S      昔はエッジを合わせて、ここのコーナーがこっちに移動するから…とかやってたのに。
S      偽ペア二つの位置で判断しないといけなくなった。
未   昔はエッジを合わせないと全く分からなかったのに、今は逆にエッジが合ってると混乱する。
S      偽ペアで見ないといけないのに、コーナーだけ浮かび上がって見える。
未   認識が変えられてしまいましたね。
S     強制催眠ものみたいだよね。
未   僕はそんなことは言っていません。
S      Ramiが昔、「K1は偶然エッジが合っているからCPLL面しているが、あれはXpermだ」と言ってて、全くその通りだった。
S      手順自体はF1三連続のキャンセルだし、AUFは動かないし嬉しいんだけど。
K1+K1-判断
K1は二つの偽ペアがSpermみたいな配置で存在している。

X1
X1
S未RF U2 R U2' R' U R U R' U2' F' (R' U' R U2' R' U2' R)
らbR' U2' R' U2 R U' R' U' R U2 bR R U R' U2 R U2 R'

未   ああ、全部ある。
ら  自分はbR使うやつですね。
R   前後ミラーだ。
ら  昔はこれが主流でした。
R   Leandroが確かこっちだったよね?
ら  確かそう。
S      右手人差し指でbR'プッシュして左U2'してるのか。
ら  bRって実質Uみたいなところあるので、何ならF'出てくる上の手順より良いと思ってる。
S      僕らの手順の方が侵食されようとしている??
S      確かに上の手順は、F' R'の部分にどうしても切れ目ができる感じがある。

X1はすべての面に偽バーがある(画像略)。

X2
X2
F R U R' F U R' U' F' U R2 U2' R' F'
未   X2はこれですよね。
S     14手の、bunnyのoptimal手順。
ら  最初に覚えたbunnyだ。
S     はじめの5手ぐらいで、お前本当に揃うんかって見た目になる。
未   後半が気持ち良いんですよね。
S     伏線回収みたいな。
未  偽ペア一個だけがパッと見えて、(K1かな?)と思って相方を探してたら、実はX2でした〜ってことがよくあります。
S     分かるな〜。能面の表情でブロック左下にやってる。
S     でもらいひーはbunnyで判断するから、X2じゃないことはすぐに分かるのよね。
ら  判断のステップとしてbunnyの確認があるわけではないんですけど、雰囲気でなんとなく分かる。
X2判断
X2は偽ブロックが一つだけある。

X3
X3
R' U' R U' R' U2 R2 U R' U2 R' U2' R2 U' R' U2 R' U R
(y2') R2 U R2' U R U2' R' U R' U2' R U R' U R2 U R U' R2'
(y') R U R2' U2 R2 U2 R2' y' R' U' R U2 R' U' R U bR

S     これもみんな同じかな。
S     backsuneやって回り込んで、最初はUだけどその後にU2 U2'ってイメージでやってる。(赤字部分)

未   うわ、とりこんでIperm回し間違えてJ1残したままタイマー止めちゃいました。
ら  あれじゃん、あのGIF画像の。
S     キューブぐちゃぐちゃに回して、机に置いたけど全く揃ってないやつね。
未  あれと一緒にされるの嫌すぎる。   

 X3判断
X3は偽バーが一つだけある。

X4
X4
SRらR' U' R2 U' R' U R U' R2' U' R2 U R' U' R U R2' U2 R
未(y2) R' U2' R U R' U2' R U R' U2 R U R' U' R U' R' U2 R
(y) R U2 R' U' R U2 R' U' R U2' R' U' R U R' U R U2' R'
S     まあ、普通は上の手順かな。
S     後ろのペア出して、前からT型出して、位置関係が変わらないようにして、ペアを一個だけずらす。
未  僕はパタさんがツイートしてた手順にしました。
S     最後が完全にbacksuneなんだっけ。
ら  手順はともかく、判断基準の話をしないと。
S     それは本当にそう。
S     まず僕が使ってるのは、コーナーとエッジが仮面ライダーの顔の位置関係になっている色を探す。(下の場合は水色)
未  シミュラクラだ。
X4判断1
Sum判断基準
pfClvcho.jpg-smallA9sRX8qT.jpg-small4lHBLHg5.jpg-small



上の三つは全て水色が顔になるパターン。
エッジが一つだけ合っている場合はその色が基準色。
二つのエッジが合っている場合は、そのエッジに挟まれたコーナーのどちらかが基準色。
2枚目の画像では水色とベージュ、3枚目では水色とオレンジのどちらかが基準色になるので水色と分かる。
Sumは2枚目の位置だった場合、水色とベージュ部分まで絞れた段階で片方の色の他のパーツを探して、顔の位置関係か確認するようにしている。(違っていたらもう片方が基準色なので)


ら  僕は完全にOLLのH-caseですね。
ら  H-caseみたいに、左右に偽headlightがある場所を探します。(下の場合はベージュと橙)
X4判断2
らいひー判断基準

R   前はその判断基準使ってたけど、闇堕ちTのやり方に変えました。
S     上側に橙ベージュ、ベージュ橙の位置で入れ替わりでぺアっぽいのがあって、下側には黄緑ピンクペアっぽいのがある。
S     これが通称闇堕ちTってわけね。

X4その3
Rami判断基準①

未  で、黄緑ピンクコーナーと水色エッジが正中線みたいになってるんですよね。
R   この正中線のコーナーを見ると、右下部分にも黄緑コーナーがあって左下にもピンクコーナーがあるのでV字状になっている。
R   こうなっているコーナーを探すのがもう一つの判断基準ですね。
X4判断4
Rami判断基準②

X5+                                         
X5+
R' U R U2 R' U2 R U R2' U' R U' R' U' R U2 R' U R2
(y2) R2 U R' U2 R U' R' U' R U' R2' U R U2 R' U2 R U R'
 
X5-
X5-
S未らR2' U' R U2' R' U R U R' U R2 U' R' U2' R U2' R' U' R
R(y2') R U' R' U2' R U2' R' U' R2 U R' U R U R' U2' R U' R2'
S     これ嫌いだ~。
未  闇堕ちJ1ですね。
R   闇堕ちではない。
ら  判断基準を探すのに苦労するやつ。
S     偽バー2本を左右に置かないといけないけど、紛らわしすぎる。
R   X5-は鏡手順使ってます。
R   偽ペアの無い側の面(X5+はR面、X5-はL面)から回し始めるイメージなのでX5-はy2'スタートになります。
S     X5+の後半はR2' U2' R U R' U R2とか、R2 U2 R' U' R U' R2' 系のF2L手順を知ってると理解しやすい。
ら  X5+の最初のU2(赤字部分)は左人差し指プッシュ、次のU2(青字部分)を右人差し指プッシュで回すとかなり回しやすい。
S     そのU2プッシュ、Q2-の4連続U2の時にも出てくるやつだ。
S     普通にダブルトリガーすると指が足りなくなるやつ。

 X5+判断
X5は左右に偽バーを置いて、偽ペアが右か左かで判断する。
 
X6+                                       
X6+
S未RR' U2 R' U' R2 U' R' U' R U R' U R' U R2 U' R' U2' R
ら(y2') F R U R' U' R U' R2' U' F' U' F U2 R U' R U R' F'
 
X6-
X6-
R U2' R U R2' U R U R' U' R U' R U' R2' U R U2 R'
S     X6は闇堕ちF1。
R   闇堕ちではない。
未  これは偽ペアでも偽バーでもない部分をとりあえずR面に持って行って、向きで判断してます。
S     へー、本当だ。気付いてなかった。
S     S1の、何も無い部分をR面に持っていくのに似てる。
S     R面にまたがってる偽バーのコーナーパーツを反対側に倒すイメージになった。(6+はR'、6-はR)
ら  僕の6+は下ですね。6手OLLみたいな始まりで、左手総動員して回してます。
ら  F'を左人差し指、U'を左中指、Fを右中指で回すと繋がりが良くて、最後はT-permみたいな。

※編集部追記:一旦出てきたペアを切り離してなんやかんやで元に戻る動き(青字部分)を意識すると覚えやすいかも。
X6+判断
X6は偽バー、偽ペア二つでF1みたいな構成になってる。

X7+
X7+
RR2 U' R2' U' F U F' R2 U2' R2' U R2 U2 R2' F U' F'
S未らR U R' U' F' U' F U R U R' U R U2' F R' F' R U R U' R2'
 
X7-
X7-
R U R2' F' R U2' R U' R' U2' R' F R U R U R' U2' R U' R'

ら  この画像だけだと何も分からないんですよね。
S     マジでそれ。
ら  X7+は、4手で区切ると分かりやすいんですよね。
ら  太鼓の達人の複合みたいな。
S     ペア出して、コーナーだけ入れて、左に回り込んで、めっちゃR'っぽいけどF(赤字部分)で、残りはノリ。
ら  F R' F' Rだから実はヘッジしてるだけ。

S     X7-は最初がS6-と同じで、逆J1+みたいなやつ。
ら  昔からこの手順しか無いですね。

S     偽系が一つも無いのがX4、7+、7-の三つで、7はbunnyだけど4はbunnyではない。

2KyZ0FF4.jpg-large699ODThC.jpg-large

X7+はエッジと、その左上のコーナーが合う。
どう回しても、どこかのエッジとその左上のコーナーが合う。
完全に対称形なので、どこから回し始めても大丈夫。

myeKV33k.jpg-largesRqVQz86.jpg-large
X7-はエッジと、その右上のコーナーが合う。
どう回しても、どこかのエッジとその右上のコーナーが合う。
完全に対称形なので、どこから回し始めても大丈夫。


S     これで全部終わりましたね。皆さんお付き合いいただき本当にありがとうございました。
未らR   お疲れ様でした〜〜〜〜。





~~~~~~~~~~~~
あとがき

どうも、佐村健人です。
4人がかりで合計7時間Teams会議を行いました。めちゃくちゃ大変だった…

さて、人類総151個計画実行委員会議…もとい、PLL全手順会議議事録、いかがでしたでしょうか?この記事によって、今まで見分けが付かなかったPLLの名称が分かるだけでも非常に大きな第一歩です。今までOLLとしてしか見ていなかった形のCPにまで目を向けることでZBLLという新たなステージに進めるように、この記事をここまで読んでくれた辛抱強い皆様はPLL1Lookという新たなステージに進むことができることでしょう。
そんな皆様の補助輪としてこの記事を利用していただけたら、こんなに嬉しいことはありません。
一足先にこちらでお待ちしています。


あ、今日は僕の27歳の誕生日だ。祝え

この記事はSpeedcubing Advent Calendar 2023 2日目の記事です。

昨日の記事はsakakiさんの「5BLDのXセンターでより良い分析優先順位を探索する試み」でした。
明日の記事は幸地さんの「OLL Transformation (from 3 OLL to Mega OLL)」です。


※本記事は前編です。後編はこちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2023/10/XX/XX:XX

S      どうも、お疲れ様です〜。お集まりいただきありがとうございます。

  参加者①
S
     Sum

本会議の主催者。7年サボったメガミンクスをやり始めて1年足らずで結構速くなる。
メガPLLを全て覚えている。
メガミンクス公式単発36.27(NR3)/平均44.85(NR4)

未  もしもし、お疲れ様です。

  参加者②
未
   未yau知

Sumの1か月後にメガミンクスをやり始めてあっという間に平均Sub60した。
速いはずなのになかなか自尊心が育まれない。
メガPLLを全て覚えている。
メガミンクス公式単発54.66(NR24)/平均57.62(NR17)

R  すいません、まだ夕飯作ってます。

参加者③
R
 Rami
先日メガ平均Sub50を達成して満足し、僕のNemesisになることを諦めた(ということにしてほしい)。
メガPLLを全て覚えている。
メガミンクス公式単発43.61(NR10)/平均49.97(NR7)

ら  すいません、今からとりこんやります。

参加者④
ら
 らいひー
フラっと飛び入りでアジアを獲り、世界七位に入る。
もうこの人一人で良くないですか?
メガPLLを全て覚えている。
メガミンクス公式単発31.33(NR)/平均34.25(NR)


S      じゃあ大体この順番で覚えたら良いんじゃねって感じでPLL出していくんで、みんながそれぞれどんな手順を使ってるのかとか、その手順に関する所感とか、その手順の回し方とか、思うことがあればじゃんじゃん言っていく感じで行きましょう。

F1+                                                
F1+   
S未R2 U2 R2' U R2 U2 R2'         
RらR2' U2 R2 U R2' U2 R2           
F1-
F1-
    R2 U2' R2' U' R2 U2' R2'
 (R2' U2' R2 U' R2' U2' R2)

※今後、手順の文字が太字だった場合は全員が同じ手順を使用していることを表します。

S      まずF1ですね。+が-より回しにくい。
S      でさ、これ僕と未Yau知は上だけどRamiとらいひーは下だよね?僕変な指使いで覚えちゃって、それをそのまま未yau知に教えてしまった。
未  Sumさんの後追いで覚えたのが多いので、結構こういうの多いですね。
ら  F1-はたぶんみんな上だと思うんですけど、手順の中の回しやすさによっては下の手順回すこともあります。
S      あるある~、T4-とかね。
S      あと僕F1についてもう一つ話しておきたいことがあって、PLL2Lookの人はエッジの三点交換にF1-を使うことが多いと思うんだけど、その時に手前側のエッジが動かないからAUFはここ見ておけば良いよっていう。
未  あと2Lookの時、反時計回りの時にF1+とかT1を使わなくてU' F1-でいいっていうのありますね。
S      そうそう、それ知らない人多いよね?
ら  これの話で、F1+とF1-のバーやペアがどこにあるかをきちんと覚えておけば、F1-回すと5CPになっちゃうやつもF1+回せば5CP回避できる、ってこともありますね。
S      あ~確かに。
ら  僕がPLL2Lookだった時はこれを使って5CP回避していました。

A1+                                                  
 A1+       
F' R' F R U' R' F' R2 U R' U' R' F R     

A1-
A1-
R' F' R U R U' R2' F R U R' F' R F

S      ではA1。速い人は大体これだと思うんだけど、これ覚えた頃にメガミンクス始まったなっていう感覚があった。
S      未だに構造良く分かってないもん。
未    後半急に揃うみたいな話をしたことがありましたね。
S      エッジだけ入れるF2L二つの組み合わせなんだよね。
ら  実はA1-はたまに話題になる、「T-permを二層回ししたらA-permになる」ってやつのA-permを左手でやったものなんですよね。
ら  右手のR'を左手Lw'と解釈すると全く同じ。
S      マジか…。

A2+                                                        
A2+              
bR' R' U L U' R' U L' U' R2 bR                                         
(y')R' U2' R U' R' F' R U R' U' R' F R U2' R             

A2-
A2-
 bR' R2' U L U' R U L' U' R bR
(y') R' U2 R' F' R U R U' R' F R U R' U2 R

S      A2です。一応二つとも書いた。
S      上のやつも、結構速い人でも使ってたりするよね?
ら  まあ、手順を変える気があまり無い人が使いがち。
ら  昔はみんな上の手順を使ってて、Nicolas Naingだったかな?のPLL全手順動画みたいなので下が一気に有名になった感じだと記憶してます。
未    これって判断基準の話もするんですか?
S      もちろん。要はW-permと見間違えやすいってことよね?
未    そうですそうです。ブロックが二つあればとりあえずこの位置に持って行って、偽ペアがあればそのままA2を回して、偽バーならU2'してWを回すって感じです。

A2+目印

↑偽ペア。コーナーの配色が逆だったらペアになっていた状態。
エッジとコーナーをどちらも構成している色がある、という言い方もできる。(この場合はクリーム色)
W目印
↑偽バー。コーナーの配色がどちらも逆だったらバーになっていた状態。
コーナー、エッジ、コーナーを構成している色がある、という言い方もできる。(この場合はオレンジ)
P4+目印
↑偽ブロック。コーナーの配色が逆だったらブロックになっていた状態。
二色だけで構成されているがブロックではない、という言い方もできる。(この場合は緑、オレンジ)


※ちなみに偽の概念が分かっていないと後半のPLLの判断は不可能です



R  うわああああ!!!!!!!
R  え、マジか???
ら  なんか大惨事が起きてる。
R  パスタをシンクにこぼしました。
R  七割こぼした…替えのパスタ無いのに…
S      とりあえず、ブロックが二つあるのはA2とWだけってことやね。
S      じゃあE-perm行きま~す。
R  ショックが…

E1
E1
R U R' U R' U' R F' R U R' U' R' F R2 U' R2' U R

S      James手順表にはもう一つ書かれてたけどまあこれでしょ?
未    めちゃくちゃ気持ち良い。
S      持ち替えずにPP回せるから、昔4のパリティでこれ使ってた。公式平均PRにも使ってる。
ら  AUFは緑エッジが手前に来ますね。
S      2Lookだった頃はエッジの位置を合わせないとなんのこっちゃ分からないので最後のU'も手順の一つとして組み込まれてたけど、今はキャンセルできる位置だとテンション上がる。
S      「ブロックがあるけどペアもバーも無い」っていう場合は必ずE-permなんだよね。カテゴライズしやすい。

E2
E2
S(y') R2 U R' U' y R U R' U' R U R' U' R U R' y' R U' R2'
R (y') R2 U R' U' y R U R' U' R U R' U' R U R' F U' F2'
未R (y') R2 U R' U' bR U bR' U' bR U bR' U' bR U bR' R U' R2'
ら R U R' U R' U' R2 U' R' U' R2' U2' R2 U R' U2' R' U2' R U2 R

(なぜ全てグレーなのか?その理由はしばらく読むと分かります)
S      E2の上三つは同じものやね。潔く二回持ち替えるか、後半だけ持ち替えずに行くか、後ろトリプルセクシーみたいにするか、の話。
S      僕は怖いので二回持ち替えやってる。
R  AUFが無ければ二番目ですね。
S      最後のF2'は左人差し指押し下げと右親指押し上げって感じ?
R  いや、右人差し指でグイっと。
R  AUFが回せなくなるので、AUFがある場合は三番目です。
ら  僕は自作手順ですね。
S      出た、カザフスタンの空港で発見したやつ。
ら  そうそう、僕以外の二人が帰国できなくなって、暇を持て余したときに見つけたやつ。
ら  一応2genです。
ら  手数が長いのがアレなんですけど、やっぱり持ち替えが無いのが圧倒的に良いということで。

ら  スタートがE1と同じで、Wとキャンセルしてるんですよね。
S      当時(2022年8月のSumのSingle PBは2分超えだった。)見た時は意味不明だったけど今確認したら構造分かるな。
ら  カザフスタンの空港であまりにも暇だったんで、E2からいろんな角度であらゆる手順を投げまくったんですよね。
ら  そうしたら6手キャンセル発見して。
未    本当に暇だったんだろうな…。
R  おっ。
R  今Cube Explorerで探索してたら、なんか見つかりました。
F' R2' U2 (R U R' U' R U R' U' R U R' )U2 R2 F


S未ら (回してみる………)

S未ら これに変えます。

E3
E3
L' R U2 R' U' R U R' U' R U R' U' R U' R' L

S     E3はこれしか無いでしょ。
ら  言うこと無し。
R  はい。
未    これですね。
ら  2genの手順も探されているけど、未だにこれが最強。

H1+                                            
H1+
S未らR U2 R' U2 R U' R' U' R U2 R' U R' F' R U R U' R' F
RF (R U2 R' U' R U' R') F' U' bR' (R' U' R U' R' U2 R bR)

未    普通のやつですね~、スロット出して、コーナーとエッジ切り離してコーナー先入れてエッジ後入れてみたいな。
R  あ、これ俺違うやつ使ってますね。
S     そうなの?これ以外コミュテータしか無いと思ってた。
ら  昔は別のがあったんです。…出たこれめっちゃ懐かしいやつじゃん。
未    へえ、こんなのがあるんだ。
R  これは、あの、移行できてないだけですね。
ら  昔は本当、bRとかが出てくるような手順ばっかりだった。

H1-
H1-
S未らF' R U R' U' R' F R U' R U2' R' U R U R' U2' R U2' R'
R[R' dR R U' R' dR' R U']×3

S     これ幸地さんもコミュテータから最近変えたって言ってた。
ら   こっちのコミュテータはまあ結構速いですからね。
R  これで全然問題が無い。

H2+                                           
H2+
R2 U2 R2' U' R2 U' R2' y' R2' U' R2 U' R2' U2 R2

H2-
H2-
R2' U2' R2 U R2' U R2 y R2 U R2' U R2 U2' R2'

S     次はH2。
ら   最近はいろいろ出てますけど自分は変えてないですね。
ら   持ち替えを考慮しても似たり寄ったり。
未    H2-全体的になんとなくしんどいです。
ら   うーん、まあ判断基準困る人はいるのかもしれない。
S     僕もこれエッジ合わせないと分からないよ。
ら   コーナーと同色のエッジがどっち側にあるのかっていう判断もあるけど…
ら   普通にコーナーがどっち側に移動するかで判断するのが早い。
S     右に行くか、左に行くかね。

U1+                                                   
U1+     
R' U' R U' R U R2' U R U' R U' R'  
U1-
U1-
R U R' U R' U' R2 U' R' U R' U R
S     U1です。まあみんなこれでしょう。
ら   一応別の、6手を2回みたいのもありますけど、まあこれで良いと思います。
S     3でこれ使ったことなかったけどメガのために初めて覚えたもん。
S     確かFazがこれ大好きなのよね。
ら   一応AUFがトリッキーなんですけど、まあU2ずれるってことだけ覚えてれば大丈夫ですかね。

U2+                                               
U2+
R U R' U2 R' U' R U' R U R2' U R U' R U2' R'

U2-
U2-
S未らR' U' R U2' R U R' U R' U' R2 U' R' U R' U2 R
RR U2 R' U R' U' R2 U' R' U R' U R U2' R U' R'

S     U2は結局セットアップU1なんだよね。
R  俺はU2-の方が違うやつですね。
ら   AUFに関してはU2の方が楽ですね。何も動かない。
ら   あとイメージとして、PLLの1Look判断間違えた時にU2が出てくることが多い気がするので、これを速く回せるとタイムロスが少ない。

Z1
Z1
RR' U' F R U' R' U' R U2 R' F' R F U' F' R' U2 R
S未らR' U' R' U' R F R' F' U R F' U' F U2 R
S(変更済み) (y2) R U2 R2' F R F' R U2' y R U' R' U' R U R' F'

S     次はZ1。(死ぬほど昔の、OLL二つ組み合わせる化石手順使ってるのバレる…)
ら   昔は上だったんですけど真ん中に変えました。
R  乗り換えてないので上です。
ら   回し方のコツなんですけど、これ最初R'連打するから親指が上に行くと思うんですよ。
S     うん。
ら   次のR FのFを右ミハエルして、R' の後のF'を左ミハエルして、Uを人差し指でやって、R F'のF'をミハエルせずに親指プッシュ、U'を左人差し指でFは再度右親指で押し下げて、最後のU2 RのU2を右人差し指プッシュするとめちゃくちゃ繋がりが良い。

Z2
Z2
R' U2' R' U' R F R' F' U R F' U' F U2' R

ら   Z1にR' U RするとZ2の配置になるので、Z1はR' U R Z2 R' U' Rのキャンセルということです。
(Z1  R' U' R' U' R F R' F' U R F' U' F U2 R
Z2  R' U2' R' U' R F R' F' U R F' U' F U2' R       ←11手同じ!)

ら   昔のZ2はセットアップZ3でした。
S     え~~、このZ1、Z2にそっくりじゃん!言ってよこんなのあるなら~
S     僕未だにOLL2つの組み合わせのやつなのに。(変えました。)
未   ずっとずっと言ってる。
R   絶対に言ってた。


Z3
Z3
R' L' U2 L U R bR F U2' bR' U' F'

ら   昔からこの手順。
R   昔からこれですね。
未   これの指使いめちゃめちゃ練習してできるようになったんですよね。
未   最初、本当によいしょ、よいしょ、ってやってたので。
S     僕なんか後半持ち替えてやってたよ。
ら   bRとFの同時回しを意識すると良い感じなのかな。
R   うんうん。
未   右手の親指Fと人差し指bRを同時に。
S     メガを絞り上げるイメージ。
ら   左ダブルトリガーでU2'回している間に右親指を後ろに持って行ってbR'。
ら   最後のU' F'は左手で完結する(※編集部追記:クソむずいです)ので。


Q1+                                          
Q1+
S未R2 U2 R2' U R2 U2 R2' U' R2 U2 R2' U R2 U2 R2'
RらR2' U2 R2 U R2' U2 R2 U' R2' U2 R2 U R2' U2 R2
(F1+ U' F1+)
Q1-
Q1-
S未らR2 U2' R2' U' R2 U2' R2' U R2 U2' R2' U' R2 U2' R2'
RR2 U2' R2' U' R2 U2' R2' U R2' U2' R2 U' R2' U2' R2
(F1- U F1-)

未   もうここでQなんですね。
S     未だにコーナー合わせてUする判断方法やってる。
S     2つ合えば左に持って行ってQ1+、1つ合えば右に持って行ってQ1-。
ら  僕の最初の判断基準はそれですね。今でも使えなくはない。
ら   偽ペアの判断基準もあるけどなかなかしんどい。
R   俺偽ペア使ってる。
S     Leandro(世界記録保持者)さえ一瞬合わせてるもんね。
ら   もう合わせた方が早いみたいな感じになってた気がする。
未   闇堕ちY3。
RSら   (無視)
Q2-実写Q1-実写
一枚目がQ1+で二枚目がQ1-。それぞれコーナー合わせてからUだけすると隣接2エッジが合うのと1エッジだけ合うので見分けられるぞ!

また、Q1+には青偽ペアとオレンジ偽ペアがくっついた偽Jブロック的な物があり、Q1-にも水クリームと水オレンジの偽Jブロックがあるぞ!そして偽Jブロックの向きが違うから見分けられるぞ!
そしてQ2には偽Jブロックが無いぞ!

Q2+                                          
Q2+
R' U2' R U' R' U2' R2 U2' R' U' R U2' R'

Q2-
Q2-
R U2 R' U R U2 R2' U2 R U R' U2 R

ら   Q2の判断基準は偽ペア必要そう。
S     分かる、僕も偽ペア使ってる。
Q2+その2Q2+その1
↑どっちもQ2+。Q2はhorseの位置(右上と下部分のエッジのように、一つ飛びでエッジが合うパターン)にセッティングすると、そのエッジの内側部分(黄色い枠内の部分)に偽ペアが必ず一個だけある(今回は水クリーム)ので、それをR面に持ってくると正しく回せるぞ!
ちなみにQ1はhorseの位置でエッジを合わせることはできないからhorseの時点でQ2と確定するぞ!

Q2-その2Q2-その1

Q2-も同じで、水オレンジの偽ペアをR面に持ってくると正しく回せるぞ!
Sumは「Q2+は偽ペアが下側にあるのでその偽ペアの重みでR'スタート、Q2-は上側なのでその重みでRスタート」と覚えているぞ!

※Qはポッと出でエッジが一つだけ合っていた場合はQ1かQ2か絞り込めないので多少は位置合わせの妥協が必要だと思います。でもQ1にだけ偽Jブロックがあるし、できないわけじゃない。
らいひーは実際にエッジが1つだけ合っているパターンでもいけるようにしている。

D+
D+
R U2 R' U' R U R' U R U2' R' U2 R U2 R'

D-
D-
SRらR' U2' R U R' U' R U' R' U2 R U2' R' U2' R
未 R U2' R' U2' R U2 R' U' R U' R' U R U2' R' 

ら   一番簡単なPLLだ。(※編集部注:一番ではない。)
R   最高のやつだ。
未   みんな大好き。
S     でも手順違う人いるよね?
未   はい、D-が違います。
S     未yau知のD-はD+の逆手順なので。


ら   AUFは、バーでもブロックでもない二つのエッジがどちらも動かないのでそこで判断できます。

F2+                                                            
F2+                         
R U R' U2 R' U2' R2 U' R' U R' U2 R         

F3+
F3+
R' U2' R U' R U R2' U2 R U2' R U' R'

F2-                                                                   
F2-                               
R' U' R U2' R U2 R2' U R U' R U2' R'              

F3-
F3- 
R U2 R' U R' U' R2 U2' R' U2 R' U R

S     F2+とF3+が逆手順で、2-と3-が逆手順。
未   これ未だに間違えることあるんですよね。途中で分かんなくなっちゃうことがたまにある。
ら   まあ気持ちは分かる。
S     間違えてU-permみたいになっちゃうことあった。流石にもう間違えないけど。
S     最初または最後以外で、U2とU2'が連続で出現する部分(赤字部分)があるなあ、って意識してる。
未   これ実質一手順っていう。
S     だからF-permは10手順あるけど実は3手順。
未   逆手順と前後ミラーで。
S     Rブロックを手前に持ってきた時に左側にバーがあるやつ(F2+、F3-)は、U2'してそれを手前側に持って来るって覚えてる。
S     F3+の開始は3のR-permと全く同じ、R' U2' から始まるな〜って覚えて、逆のF2-はR' U'からだな〜などと。

F4+                                                                               
F4+                                        
R U R' U R2 U2' R2' U2' R U2 R U2 R' U2' R'        

 F5+
F5+
R U2 R U2' R' U2' R' U2 R2 U2 R2' U' R U' R'

F4-                                          
F4-
R' U' R U' R2' U2 R2 U2 R' U2' R' U2' R U2 R

F5-
F5-
R' U2' R' U2 R U2 R U2' R2' U2' R2 U R' U R

S     F4+とF5+が逆手順で、4-と5-が逆手順。
S     F4+とF4-はセットアップ後にF1みたいなのが出てくるのがね、嬉しいんですよ。
R   うんうん。
未   あー、分かる。
未   一段深いS2Lペアも出てきて大冒険する手順。
ら   4+と5+はバーと手前、4-と5-はバーと右上が移動しないのでAUFはそこで判断できます。

J1+
J1+
R U R' F' R U R' U' R' F R2 U' R'

J1-
J1-
未R:F U' R' F R2 U' R' U' R U R' F' R U R' F'
Sら:(y') R' U L' U2' R U' R' U2 L R U'

R   言うことなし。
未   でもマイナスの方は違う手順かも?
S     僕はLR回すやつ。
ら   僕もそっちです。こっちの方がなんかやりやすい。
S     未yau知は上のセットアップJbでしょ?
未   そっちですね。
R   僕も上です。
S     どっちでもいいね。
ら   どっちでも速いっすね。

J2+                                           
J2+
未RらR' U2' R U2 R' U R U R U2 R' U' R U' R2' U' R
S:(y') R' U' R U' R U R2' U R U' F' R U R' U' R' F R2 U' R'

J3+                                           
J3+
R U R' U' R' U2' R U R U R2' U R2 U2 R2' U2' R
未RらR' U R2 U R' U R U2' R' U' R' U' R U2' R' U2 R
S (y2) R U R2' F' R U R U' R' F U R' U' R2 U' R' U R' U R

S     J2+とJ3+が逆手順。
S     これたぶん僕怒られるやつ使ってるんだよな~。
S     J2+はU1とJ1+の6手キャンセル。速いよ(言い訳)。
ら   僕らの方の手順覚える場合はJ3+からやった方が良いと思います。
ら   ペア二個同時に出して、一個先入れて。
R   うん、確かに。
未   うん。
S     君らの手順だと、どっちもJブロックが右上で統一できるんだ。
S     僕の手順だと2+は左上で3+は手前。

J2-
J2-
R U2 R' U2' R U' R' U' R' U2' R U R' U R2 U R'

J3-
J3-
R U' R2' U' R U' R' U2 R U R U R' U2 R U2' R'

S     J2-と3-も逆手順。
S     こっちはみんな同じ手順?
未Rらそうですね。
未   J3-はJ2,3の4手順の中で一番回しやすく感じます。

M
M
R' U2 R U2 R' U' F R2 U R2' U R2 U2' R2' F' R
S未R(y2') R U R' U2' R' U2' R U R' U R2 U' R' U2 R U' R' U R U' R'
(y) R U R' U' R U R' U2' R U R2' U' R U' R' U2 R U2 R U' R' 
らR U2' R U R U2 R2' U' R2 U' R2 U R2 U2' R2'

S     Mは二番目の手順だと、二本のバーの位置関係をU2と同じにできるんだよね。 
未   そうそう、とりあえずバーが二本あったら手前と右上に持っていきます。
R   うんうん。
S     手前側からF2Lパーツ出してどっか行け!ってやったらなんだかんだあって「お前、その形のF2Lになって帰ってくるんかい」という感じの手順。
R   今となっては手が覚えてるんですけど、昔は中にbacksuneが入ってるなって(赤字部分)。
ら   あ、僕下の手順でした。結構古いやつです。

N1+
N1+
R U2 R' F' R U R' U' R' F R2 U2' R'

N1-
N1-
R' U2 R' U2' R U' R' U2' R U2 R
S     さあN1。
未   この判断基準は本当に素晴らしいですよね。
ら   N1+のエッジの三点交換が時計回りだったらそのまま回して、反時計ならU'してからその手順回せば行けるやつ。
S     それに加えて、一つだけエッジが合ってたらそこを左下なのよね。(N1-の場合は右下)
ら   あとはそもそも、N1+の手順がJ1+の2手目と12手目のUをU2にしただけという。
未   うんうん。
S     そういえば、Leandroの前のSingle WRがN1-だった。
ら   winter variationからの。


N2+
N2+
S未らR L U2 L' U R' L U' R U2 L' U2 R' 
RR U2' R U2 R2' U' R2 U R2' U' R2 U' R2' U2' R U2 R'

N2-
N2-
R' L' U2' R U' L R' U L' U2' R U2' L
R' U2 R' U2' R2 U R2' U' R2 U R2' U R2 U2 R' U2' R

S    N2-はみんなこっちなんだね。
S    N2+は上の持ち上げるやつで良くない??
R いや僕、左L回すのが極端に苦手なので…
ら これはさっきのJ1-と同じですね。R Lを回すのが得意かどうかで手順が変わる。
R RU系のやつめちゃくちゃtps出る。
ら N2+の方はN2-ほど回しやすくなかったのと、元のRU系のがある程度回しやすいので僕は採用しなかった。
S    N2-はN1-と最初の4手が同じなのが嬉しい。
S    そして対称形なのでどこから回しても良いのも嬉しい。
ら bunnyあるある。

T1
T1
R U R' U' R' F R2 U' R' U' R U R' F'
S    T1、ただのT。以上。
S    普通に回すと3ループだけど位置合わせると2ループ。以上。
ら 手前と右奥が動かない。
S    ペアが4つだけある手順はこのT1だけ。

T2+                                                            
T2+                        
R' U2' R U2 R' F R U R' U' R' F' R2    
T2-
T2-
 R2' F R U R U' R' F' R U2' R' U2 R

S    T2、言うこと無し。ただの3のR-perm。
R はい。
ら 言うこと無し。
未 大好き。
ら AUFは、それぞれのヘッドライトの間の色(上画像の場合は青と緑)が動かないです。
S    でも基本は手前のエッジ見るよね。
ら まあ要するに。

T3+                                                         
T3+                     
R2' U2 R2 U R2' U' R2 U R2' U2 R2    

T3-
T3-
 R2 U2' R2' U' R2 U R2' U' R2 U2' R2'
S    T3。
R 言うことねえな。
S    F1二回のキャンセル。K1の一回少ない版。
S    一回行って戻るだけのをキャンセルと呼んで良いものか。
R これあれですよ。HのOLLをAntisuneの二回キャンセルと。
S    確かに、あれも行って戻るだけのキャンセルだw
R PiのCOLLをK1と思えば良い?
ら これも手前のエッジが動かない。
S    F1が動かないからね。
未 これの判断って、ペアに挟まれたバー部分のどっちに偽ペアがあるか、でいいんですかね?
S    その偽ペアを切断するぞ!って気持ちで。
R あ~、分かる~~。
ら そうそう。
S   「T3+がT3-の位置のままだと、偽ペアが切断できない!!!」
S   「俺に切断させろ!!!」って。
未 めっちゃ凶暴。

T4+                                          
T4+
R U R' F' R U R' U' R' F R U' R' F R2 U' R' U' R U R' F'

追記:直前で3人が R U R' U (R2 U2' R2' U' R2 U2' R2') U2' R U' R' に変えました。
S   J1+からのT1のキャンセル(3で言うとJbからのT)。
ら 手前のエッジが動きません。
ら あと、2Lookの人がbunny処理によく使う、ぐらいですか?
S   でもbunny処理手順のoptimalって確かX2でしょ?
S   みんなX2やれば良いのに。
未 無理がある。
R キショすぎる。
ら 自分がPLL覚えた頃はこういうネーミングが主流じゃなくて、エッジの位置で覚えるのが主流でした。
ら なので、bunnyで最初に覚えたのはX2でした。
S   理由になってないなあ。

T4-
T4-
R' U' R U2' (R2' U2' R2 U' R2' U2' R2) U R' U R
(y) R' U' R U' R2' U2 R2 U R2' U2 R2 U2 R' U R

S   T4-。全員上の手順だね。 4手セットアップでF1-が入ってる。
S   ここのF1-(赤字部分)だけR2'スタートでやってる。
未 確かに。これの時だけR2'ですね。
ら そうそうそう。
S   F1-開始時点で親指が上にあった方が良いので、手順の最初を親指上からスタートするとリグリップが無い。
R 自分は逆にこれが元になって、全てのF1-(F1-,T3-,K1-以外)がR2'スタートになりました。
S   え~、マジか?
R 一応ちゃんとした理由があって、親指を上に持ち替えるか、下に持ち替えるかだと自分は上の方がやりやすいんですよ。
未 確かに、下に持ち替えますね。
R なので統一してしまえ、と。
S   まあまあまあ、確かに人それぞれですよね。
未 社交辞令の乗り切り方。
S   好きな人は好きですよね。
S   はい次!!!

V1+                                                            
V1+                           
R' U2 R' dR' R U' R' dR R U R U' R' U' R     

V2+
V2+
R' U R U R' U' R' dR' R U R' dR R U2' R

S   これは未yau知の指がエロいやつですね。
未 ああ、うん……そうですね……。
S   「この未yau知がエロい! 2023」
未 ………。

S   僕この指使いやってないのよね。練習したらできるだろうけど。
S   別に親指dRでいいや、となったので。
未 まあ、確かにそうですね~。

V1-                                                            
V1-                          
R U2 R2' F R F' R U' R' F' U F R U' R'
   
V2-
  V2-
SR(y') R U R' F' U' F R U R' F R' F' R2 U2' R'       (V1-の逆手順)                                
未R U' R' F U R U' R' F' R U R' F' U' F R U R'                        
ら(y2) R U2 R' U R' U' R U2' R' U2' R U2' R U2 R'

S   V1-の前半はあのOLLと同じ始まりなんだよね。
あのOLL
↑あのOLL。古いZ1の最初にも出てくる。

R 前までJamesの手順表に逆手順載ってなかったんですよね。
S   V2-は僕の平均44確定したやつだ。(どうでもいい)
未 V2-は違うやつ使ってます。
未 僕はこの手順うえしゅうさんに教えてもらいました。
ら 僕のは全然違う古いやつ。
ら U2'連打する手順なんですけど。
S   めっちゃ楽しそう。
R 楽しそう。
未 相容れない。

V3+                                           
V3+
RらR U R2 U' R' U' R U R' U' R' U R2' U R U' R
S未(y') R' U2 R U' F R U R' U' R' F' U' R U R U' R'
V4+
V4+
らR' U R' U' R2 U' R U R U' R' U R U R2' U' R'
S未R(y') R U R' U' R' U F R U R U' R' F' U R' U2' R

S   V4+はこれ僕のSingle 36秒のやつです。(どうでもいい)
S   3+と4+をこれにするとブロックを左下に統一できる。
R V4+昔は上使ってたんですけど、回しにくくて下にしました。
R 回しにくいというか、右手がキモいことになる。
ら 僕はかなり昔の手順が慣れてるので上ですね。
R ちなみに下の手順を3で回すとGaか何かになるんだっけ?

V3-                                           
V3-
S未R' U2' R U R U' R' F R' U2 R U2' F' R U R'
Rら(y) R' U' R2' U R U R' U' R U R U' R2 U' R' U R'

 V4-
V4-
S未RR U' R' F U2 R' U2' R F' R U R' U' R' U2 R
ら(y2') R U' R U R2' U R' U' R' U R U' R' U' R2 U R

S   V3-とV4-も基本的には逆手順。
S   上が新しめの手順で、下が比較的昔からある手順。
ら 下の手順使ってるの僕だけな気がする。
R V3-だけ僕も下です。
R ブロックにペアがくっ付いてる手順は昔のまま。
ら V4-の方は4手目のUがキモいから変えたと。
R そうそう。
S   V3-の開始7手は、バカがうろ覚えで回したbacksuneって覚えてる(赤字部分)。
S   その次のF R'で、どっちのスロットも上に出てくるんだって意識をすると回し間違えにくい気がする。
未 V3-の最初は結構指使い苦労した覚えがありますね。
 
W
W
S未らR' U2' R' U2 R U2 R U' R2' U2 R2 U2 R' U R
R(y) R' U' R U2' R2' U2' R2 U R' U2' R' U2' R U2 R

S   上の手順はF5-と2手だけ違う。(赤字部分だけ違う)
S   らみだけ逆手順(下の手順)だよね?
R そうですね。
R この手順、最初がT4-と同じなんですよ。
ら さっきのE2のキャンセルで出てくるやつだ。
(以下WとE2のキャンセルの話が続いたが、もうE2はあの手順が見つかったので割愛)

Y1+                                          
Y1+
F R U' R' U' R U R' F' R U R' U' R' F R F'

Y1-
Y1-
F R' F' R U R U' R' F R U' R' U R U R' F'

ら 本当に言うことが無い。
R 無いです。
S   Y1-の最初は左手の人差し指で持ち上げないと繋がり悪くならない?
ら 僕右ミハエルです。
R 僕も。
R 普通に右親指で下げて。
S   親指下げちゃうってこと?
ら R'の時点では下にありますけど次のF'で戻ってきますよ。
ら 3のヘッジスラマーも同じ要領。

Y2+                                         
Y2+
未R2 U2' R2' U2 R2 U' R2' U2 R2 U2' R2'
R' U2' R U R U R2' U R2 U2' R2' U2 R
(y2') R2' U2 R2 U2' R2' U2' R2 U2' R2' U2 R2
SRらR U2' R' U2' R U' R' U' R' U2' R U R' U R 

Y2-
Y2-
未R2' U2 R2 U2' R2' U R2 U2' R2' U2 R2
(y2) R' U2' R2 U2 R2' U' R2 U' R' U' R' U2 R
SRら(y')R' U' R U' R' U2 R U R U R' U2 R U2 R'

S   ここでらいひー大好きなY2ですね。
S   どこにも載ってない手順。


ら どうやって見つけたんだっけ。
ら でもどう考えてもこれが一番速い。
R なにこの手順速すぎだろ?
R 今変えます。
未 ということは上の手順は僕だけ?
R 変えないの?
未 多分変えないっすね。
未 上の手順、シンプルに回してて気持ちよすぎるんですよね。
S   未yau知の指使いが足りないからですね。
未 苦しい。

Y3+                                          
Y3+ 
Rら(y) R2 U R2' U R2 U2' R2' U2 R2 U R2' U R2 U2' R2'
S未(y) R2 U2 R2' U' R2 U' R2' U2' R2 U2 R2' U' R2 U' R2'

Y3-
Y3-
未Rら(y') R2' U' R2 U' R2' U2 R2 U2' R2' U' R2 U' R2' U2 R2
S(y') R2' U2' R2 U R2' U R2 U2 R2' U2' R2 U R2' U R2

未   Y3+、僕らは下の手順(逆手順)ですね。
S   僕だけ3-も逆手順だ。
未   Y3はとりあえずハの字のペアを上に持って行って、3-の方は最初に引き込みU2'を回すという感じです。
未   最初のU2’も手順の一部みたいな。

B1+
                                                      
B1+                           
R U R' U' R' U2' R U R U' R2' U2 R      
       
 B1-
B1-
R' U' R U R U2 R' U' R' U R2 U2' R'


未   めっちゃ良い。
S   B1は気持ち良いという話になると思うんだけど、僕的にはB1+がSSSランクでB1-はAランクって感じなのよね。
未   うわ、めちゃくちゃ分かる。
R 分かるなあ。
S B1は3だと縦のU-permになるんだよな。
R 3のUFとURの2EO手順(Rw U R' U' Rw' U2' R U R U' R2' U2' R)に出てくるやつ。


B2+
B2+
R2 U R2' U2 R U2' R U R' U' R U' R2' U2 R U R'

B2-
B2-
R2' U' R2 U2' R' U2 R' U' R U R' U R2 U2' R' U' R

未   B2、昔は嫌いでした。
未   でもなんかいつの間にか。
S   B-permごときでうかうかしてられないという気持ちが働くのよね。
未   そうそうそう。
R 何だかんだこれ回しやすいと思ってるんですよね。
S   そうそうそう。
ら 昔はこれF1からのU-permでした。
ら B2+はF1-からのUキャンセルだったかな?
S   へ~、でも速そうね?
ら まあ遅くはないけど手数かかるんで、今はもうこっちです。

R1+                                           
R1+
R' U2 R U' R2' U2 R2 U R' U' R' U2' R U' R

R2+
R2+
R' U R' U2 R U R U' R2' U2' R2 U R' U2' R

R1-                                           
R1-
R U2' R' U R2 U2' R2' U' R U R U2 R' U R'

R2-
R2-
R U' R U2' R' U' R' U R2 U2 R2' U' R U2 R'

S   Rぐらいから「PLL始まったな~」という感覚が出てくる。
S   これも一段深いS2Lパーツが出てくるんだよね。
ら R前半の4つってみんなこの逆手順、前後ミラーですよね?
R みんな同じやつだと思う。
未   だからR-permって8個あるように見えて実は2個なんですよね。
ら この4つのAUFは、headlight(Rブロックではない)の間のエッジが動かない。
(※R1+と2+はRブロックの間のエッジも動かないです。1-と2-はRブロックのペア側のエッジが動かないです。)

R3+                                            
R3+
R U R2' U R U R U' R' U' R U' R2' U' R U' R' U R

R4+
R4+
R' U' R U R' U R2 U R' U R U R' U' R' U' R2 U' R'

R3-                                           
R3-
R' U' R2 U' R' U' R' U R U R' U R2 U R' U R U' R'

R4-
R4-
R U R' U' R U' R2' U' R U' R' U' R U R U R2' U R

S   これは前と後でS2Lペア出してパレードして帰って行く手順。
S   僕の公式平均44秒の最終試技で出てきて爆死したのが4+だ。
未   Sumさんが絶対もう確信してるのにやってんなって思ってて。
S   出たよ、「SumさんがR程度でそんなに悩むわけがない」とかいうキショい信用。

そもそもR1,2とR3,4のどこが違うのか、判断の説明をしていなかった気がするのでここに入れておきます。
R1+判断
R1,2は、Rブロックのコーナーパーツだけの側で構成された偽ペアが存在します。(画像はR1+)
R3,4にはその部分の偽ペアが存在しません。
あとはRブロックの左右と、ヘッドライトとペアの左右なんで簡単だね!

P1+                                         
P1+
R' F R2 U R' U R U2' R' U R' F' R F U' F'

P2+
P2+
F U F' R' F R U' R U2 R' U' R U' R2' F' R

S   P1+とP2+が逆手順。
ら これはAUFが、手前のエッジ(画像の場合、どちらも緑エッジ)が動かない。
ら 割とP1+の方が回しやすい印象がある。
S   P1+は、最初のR' F R2が大空に飛び出していく感じがあるんですよ。
S   ごめん黙るわ。
未   人のことキショ信用とか言えないですよ。
S   いやいやいや。
S   P1+はR' F R2の三手で大空に飛び出して、P4+はF R2の二手で飛び出す。分かるでしょう?
未   いや、まあまあ分かるんですけど。

P1-                                          
P1-
SRR' U' R' F R U R U' R' y' R2' U' R U' R' U2 R bR
未ら(y) R' U2 R U2 R' U R2 U2' R' U2' R U2 R' U' R U2' R'

P2-
P2-
SRbR' R' U2' R U R' U R2 x' U L' U' R' U L
未らR U2 R' U R U2' R' U2 R U2 R2' U' R U2' R' U2' R

S   次はこっちか。
S   らいひーはどっちもR U genのやつよね?
未   僕もらいひーさんのやつに乗り換えましたよ。
S   え?なんで僕に内緒で?
未   そんなこと言われても…
ら この手順はたぶん、どこの手順表にも載ってない。
S   え?このらいひー手順めっちゃ回しやすいじゃん。
S   ダメだよこんなの内緒にしてたら。
ら 前ツイートしたんだよなあ。
未   内緒どころか公開情報。

P3+                                         
P3+
F R U' R' U' R U R U2 R' U' R U' R2' F'

P4+
P4+
F R2 U R' U R U2' R' U' R' U R U R' F'

ら これはこの間この手順に変えました。
S   この間のしんゆりでらいひーがよく分からん手順使ってたやつね。
S   P3+はこんなんほとんどY1+だし。
R P4+も回しやすすぎるんだよなあ。
S   P4+一番好きかもしれない。

P3-                                          
P3-
SRbR' R' U R U R' U' R' U2' R U R' U R2 bR
未ら(y) R' F' U' F U R U R' U' F R' F' R U R

P4-
P4-
RbR' R2' U' R U' R' U2 R U R U' R' U' R bR
S未ら(y) R' U' R' F R F' U R U' R' U' F' U F R

S   P4-はこの間らいひーに教えてもらった下の手順に変えた。
S   前半が8手OLL(1LLL)で後半が6手OLL。
S   P3-は変えなかったんだけど、未yau知とらいひーはどっちも下のOLLの組み合わせ手順よね。
未   いや~、どっちも変えましたね。
S   P3-の上手順はこれ、bRが出てくるとはいえ十分tpsが出る。
S   あとR3-と全く同じく、Rブロックを手前に持ってきて回せる。
R3-P3-
一枚目がR3-で二枚目がP3-。Sum手順の場合はどっちもこの位置から開始できる。嬉しい。
ちなみにR3+とP3+もRブロックを右上で共通、R4+とP4+もRブロックを左で共通しているので開始位置が混乱しにくいね!

未   なるほど。いやでもな~
S   らみはどっちも上よね。
S   悪いな、僕は関東なので教えてもらって変えたよ。
R 裏切り者め~。
ら なんか昔は全然違う手順が主流だった気がする。
ら 僕はその頃からこの6手OLLのやつ使ってたけど。
ら 3でこれ回すとZ-permが出てきます。
S   普通の6手OLL回すとZ-permが出てきちゃう時にこれを回すとskipになる8手1LLLってことか。
ら そういうことです。

そもそもP1,2とP3,4のどこが違うのか、判断の説明をしていなかった気がするのでここに入れておきます。
P3-判断
P3,4にはRブロックの反対側に偽ブロックが存在します。(画像はP3-)
P1,2にはその部分の偽ブロックが存在しません。
あとはRブロックの左右と、ヘッドライトの左右なんで簡単だね!

~~~~後編へ続く~~~~

あとがき

どうも、佐村健人です。この記事は覚えておいた方が良かったり判断が簡単な順番にPLLを並べており、後半に行くにつれて判断基準が難しくなっていきます。でも前編の87個を覚えきった皆さんは後編の64個もきっと大丈夫なはず!応援しています。

それではまた後編のあとがきで!

あ、今日は僕の27歳の誕生日だ。祝え

このページのトップヘ